行政書士ってどんな人?

近年、「行政書士」という仕事の知名度は高くなっていますが、行政書士の具体的な仕事内容についてはまだあまり正確には知らない人が多いです。

行政書士というのは、行政書士法に基づいた国家資格者で、行政手続きを専門とする法律家、つまり「行政手続きのプロ」です。

行政の手続きというのは行政上の様々な決定に際してとるべき手続き、とくに行政処分をする前に被処分者に事案の内容を告知し、聴聞する手続きです。

例えば…

  • 会社を設立する時の手続き
  • 相続について手続き
  • 自動車関連の手続き
  • 産業廃棄物の許可に関する手続き
  • 古物商の許可に関する手続き
  • 土地、建物、金銭の賃貸借に関する契約書類作成

などがあります。

このような許認可の申請に必要な書類を依頼者の代わりに作成して提出することを仕事とする人を行政書士と言います。