行政書士が扱える業務

行政書士が行う仕事とは、数々の分野に渡ります。例えば古物商の申請をする際にも必要となる申請を代行してくれるのも行政書士が行う仕事のひとつです。古物商って何?行政書士と関係あるの?とお思いの方も多いかもしれません。古物商とはその名の通り、古物を販売することで利益を得る商売の事を指します。こうした商売をするには、「古物商」という許可が必要なのです。

自分が買ったものをまた中古で売ったり…ということは時折あることですが、これを個人的な不用品の処分ではなく、商売として初めてしまった場合には許可が必要になるのです。例えばオークションでのせどりで生計を立てるようになった場合などには当然ながら許可が必要になるというわけです。

古物商と行政書士

古物商って何?行政書士と関係あるの?とお思いの方も多いかもしれません。古物商とはその名の通り、古物を販売することで利益を得る商売の事を指します。こうした商売をするには、「古物商」という許可が必要なのです。

自分が買ったものをまた中古で売ったり…ということは時折あることですが、これを個人的な不用品の処分ではなく、商売として初めてしまった場合には許可が必要になるのです。例えばオークションでのせどりで生計を立てるようになった場合などには当然ながら許可が必要になるというわけです。

古物商以外も取り扱う行政書士

書類提出のプロとも言われる行政書士ですが、古物商などだけではなく、たとえば様々な店舗の営業などに必要な許認可の取得なども行います。

許可が必要な商売というのは実はたくさんあるのです。たとえば古物商のほか、酒類の販売、飲食店の営業などが挙げられます。

他にも風俗店営業の許可などもありますが、これはいわゆる性風俗のお店だけに限りません。照度の低い飲食店や、ダンスホールなども該当します。店舗に関する許認可を得るには、図面を書いたり、色々なものを測ったりする必要があります。こうした業務にはノウハウなども必要であるため、行政書士の資格を取ってもすぐにスムーズにできるかというと難しいかもしれません。行政書士の資格取得後は、行政書士事務所で雇われる形で勤務する場合がほとんどです。そこで先輩の行政書士から仕事のやりかたを教わり、具体的にどうやって仕事をすれば良いのか、といった事を教えてもらえたりするわけです。

行政書士事務所で何年か働いた後、独立して自分の事務所を持つ行政書士も居ます。独立開業する際には、これまで獲得したノウハウや人脈を活かしつつ、新たに仕事を取ってきたり、新しい分野を開拓したりすることになります。

行政書士が扱える業務の一例

  • 会社設立関係(様々な会社、組合、NPO法人の設立、決算書類や伝票の作成など)
  • 各種許認可の申請業務(建設や測量業者の届け出や、道路専有許可、食品販売店許可も申請など)
  • 自動車関連業務(自動車登録申請、車庫証明申請、自動車重量税申告、レンタカー許可申請、特殊車両通行許可申請など)
  • 各種書類作成業務(各種の契約書、示談書、協議書や、内容証明郵便など)
  • 外国人関係業務(戸籍の届け出、手続き、ビザ申請など)
  • 相続関係業務(遺言書、相続人の調査手続き、戸籍謄本関係、遺言執行など)